美容専門学校に通ってプロになる【海外留学制度や研修を取り入れ】

推薦や入試に備えて

ハサミ

内申と面接に小論文対策を

高校を卒業後に美容専門学校に進学したい場合、美容専門学校にもよりますが一般入試、推薦入試、AO入試といった選考審査が用意されています。推薦入試やAO入試の場合、高校での内申が書類選考時に利用されますが、成績優秀、学業で良い成績を収めるといった点より、学校での態度や性格などに関する評価が重視される傾向にあります。国語や数学などの5教科については平均程度でも問題はなく、美術や家庭科などデザインや手技に関連する教科が秀でているといった点が注目される程度です。学業の成績よりは真面目に学習に取り組めるかや、一生懸命な性格、努力家であるといった人間性などを見られる場合が多いです。美容専門学校では内申書による書類審査に加え、面接と小論文が審査項目になるケースが多く、どうして美容の道を進みたいのか、将来どのような仕事をしたいのかなどを問われますので、自分の将来やキャリアプランについてよく検討しておきましょう。また、文章を書くのが苦手な方や論理的な表現が苦手な方、短時間で考えをまとめるのが得意でない方は、小論文対策を行い、試験時間内に出題されたテーマに必要な文字数でしっかり答えらえるようにトレーニングをしておきましょう。美容専門学校に入学したい高校生をはじめ、転職などのために社会人がチャレンジできる一般入試についても、一般的には数学などの学問的な試験はなく、小論文や面接による選考が一般的です。一般入試においても小論文対策をはじめ、面接対策がカギを握ります。

Copyright© 2018 美容専門学校に通ってプロになる【海外留学制度や研修を取り入れ】 All Rights Reserved.